クルマをカスタムするのは面白いです。いろいろなクルマのカスタムパーツを紹介します。

コペンla400kのブレーキラインを強化する。

コペンにサブコンを取り付けてパワーとトルクがアップしたら、次はブレーキの強化をしていきましょう。

ブレーキ強化の中で今回はブレーキラインを選んでみました。

そして、このブレーキラインの中で選んだのがこちらです。

【Spiegel】B.L.S. ブレーキラインシステム

独自の3層構造が繊細なブレーキコントロールを可能に!

それがこちらです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Spiegel】B.L.S. ブレーキラインシステム ダイハツ コペンローブ …
価格:15120円(税込、送料別) (2018/2/14時点)

 

ブレーキパッド、ブレーキキャリパー、マスターシリンダーの性能をフルに引き出します。
Spiegelカラーで統一しているので、サスペンションともマッチし、洗練された印象を与えます。
純正ホースの場合、ブレーキペダルを踏み込んだ時にブレーキラインの膨張で力が逃げてしまい伝達ムラが生じますが、ホースの外側をステンメッシュで覆った構造により、ブレーキラインの膨張を最小限に抑え、高温時でも安定したダイレクトなペダルタッチを可能にし、ブレーキコントロール性が大幅に改善されるので、思いどおりのブレーキングを実現できます。
サーキット等でのスポーツ走行はもちろん、一般道でも効きの変化を体感でき、ブレーキホースが長いお車ほど、交換時の効果が高い商品となっております。

国内工場での組付・耐圧テストを実施
Brake Quip社製ブレーキラインシステムを採用しているB.L.S. ブレーキラインシステムは、Brake Quip社から供給された各パーツを日本国内で組付作業を行い、全ての商品に3,000psiの耐圧テストを実施するという徹底した品質管理を行っております。

ステーは純正同形状
純正と同形状のステーで車輌に固定する為、取り回しや取り付け位置に迷うことが無くとてもスムーズに作業を行えます。

機能性・耐久性向上を実現させた3層構造の素材
・PTFEホース
ホース中心部には、耐久性に優れたPTFEホースを採用。
ゴム製に比べ、ホースの膨張を抑制し、高温・高圧時にも安定した機能を発揮。
ブレーキのコントロール性能を大きく改善します。

・304ステンレス材
中心ホースの周りを覆う層には、0.2mmの304ステンレス材を採用。
更に4本束ねることで、編み込み強度を向上させた素材を使用。

・PVCホース
外装部には、柔軟性に優れ、経年劣化が起きにくいPVCホースを採用。
柔軟性が高く、耐熱性・難燃性を兼ね揃えた、耐久力の高い素材を使用しています。

ブレーキは大切ですからね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

TDI Tuningサブコンでパワートルクアップ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。